子供の頃はプロレスが大好きだった。
当然のことながら、
アントニオ猪木が好きだった。
でも中学高校とプロレスを観なくなった。
学生時代、アルバイトでプロレスのテレビ中継に行った。
若手が体育館にリングを設営するところを、
中継の設営をしながら見た。
リングの設営が終わると若手のトレーニングが始まった。
山本小鉄氏が竹刀を持ちリングに立ち、
体育館を走る若手に檄を飛ばす。
そうこうしていると、
藤波辰爾氏、坂口征二氏、
そしてアントニオ猪木氏が現れた。
僕のすぐ脇を通り過ぎてリングに上がった。
大きくて筋肉質かと思ったら、
みんな太っていた。
毎日の興行のことを思えば当然か。
悪役はアブローラ ザ ブッチャーだった。
実況は、テレビ朝日時代の古舘伊知郎氏。
例によっての場外乱闘で、
カメラや足場を守らなくてはならず、
試合など観ていられなかった。
祭りの後の体育館で撤収をして、
へとへとで深夜に局に戻った。
これがアントニオ猪木氏の思い出。

掛け替えのない一日でありますように。
プロレス観戦にコーヒー。
珈琲豆の通信販売はこちらからご注文ください。

ういろう、羊羹を丸かじりしたいと書いたためか、
今度は羊羹をいただきました。
ありがとうございます。
僕の健康を思ってくださってか一口サイズ。

レインボーレッドという新しい品種の、
無農薬のキウィをいただきました。
追熟が早く食べられる期間が短いそうで、
難しいとのこと。
すぐにいただきましたが、
美味しいかったです。
キウィも好きな果物。
国内産キウィはこれからが旬だそうで、
知りませんでした。

掛け替えのない一日でありますように。
珈琲豆の通信販売はこちらからご注文ください。
初めて来られた方から絵葉書をいただきました。
コーヒーの感想が綴られています。
電子メールのようなものではなく、
葉書であることが嬉しさを倍増してくれます。
絵葉書の写真は、たぬきのケーキ。

このたぬきのケーキは印象深く、
高校を卒業した春まで遡ります。
友人が入院したので見舞いに行くために、
一緒に行く友人との待ち合わせを、
病院近くのスーパーの本屋にしました。
先に着いた僕は立ち読みして、
なんの気もなしに、
畑正憲氏の「ムツゴロウの青春記」を買います。
北杜夫氏の「どくとるマンボウ青春記」が面白かったので、
青春記と付くものは面白かろうと思ったのです。
それ以降、畑さんの本に深く傾倒していくことになるのです。

見舞いには、
そのスーパーのケーキ屋で、
このたぬきのケーキを買って持って行ったのです。
畑さんに傾倒していくきっかけのたぬき。

掛け替えのない一日でありますように。
絵葉書に綴られていた珈琲豆はこちらからお買い求めください。

田島珈琲店 上高地分店
田島珈琲店 涸沢岳分店
山からの便りがたくさん送られてきました。
山頂で飲むコーヒーは最高だそうですが、
僕を背負って登るわけにはいかない。
僕の代わりに、
豆を背負って上でコーヒーを淹れて飲んでもらっています。
いやはや、雲の上であります。

掛け替えのない一日でありますように。
山頂分店と同じ珈琲豆をお買い求めいただけます。
こちらのリンクからご注文ください。

日曜日朝一番のお客様。
ブラジルやデミタスやいろいろを楽しまれ、
お帰りの際、
藤枝から来ましたと言って鞄から出てきたのは、
見覚えのある紙袋。
紙袋を開けると、
動きが思い出されるこの結び目。
お土産だと言っていただきました。
この店はあるコーヒー狂のブログで知り、
六年前の夏に日に訪ねたのです。
以降、毎月のようにお邪魔していました。
藤枝へは何度も訪れたけど、
知っているのはこの店と駅、池のある公園ぐらい。
最後にご主人と奥様に会ったのは、
二年前の秋に店に来られた時。
会いたい。
嬉しいご来店とお土産でした。

掛け替えのない一日でありますように。
珈琲豆の通信販売はこちらからお買い求めください。
一度やってみたかったこと。
ういろうや羊羹を、
バナナのように包装を剥いて食べること。
お客様が買って来たよーと、
わざわざ帰り道に放り込んでくださいました。
ぷるんぷるんと持って食べやあと。
で、念願叶って丸かじりしました。
美味かった〜。
ただ半分は私のものだからと、
副店長が一本丸ごとは許してくれませんでした。
ありがとうございました。
またのご来店をお待ちしております。
ええ、お客様としてです。
もちろん。
たぶん…

掛け替えのない一日でありますように。
珈琲豆の通信販売はこちらからお買い求めください。

こんなのあるけど要らない?
LPレコードと童謡や唱歌のCD。
LPレコードのジャケットは大きくていい。
プレーヤーはもうないが、
飾って見ることが出来る。
CDでは、こうはいかない。
そして今ではCDも売れなくなってしまった。
もう一枚の写真は童謡や唱歌のCD。
新聞広告で見て、
いつも欲しいと思っていた。
でもなかなか手が出なかった。
どちらも嬉しいプレゼント。

掛け替えのない一日でありますように。
珈琲豆の通信販売はこちらからご注文願います。

CDが行ったり来たり。
僕の好きそうなものを見繕って持って来てくれる。
僕も見繕って持って行ってもらう。
楽しい。
こういう感覚を味わうのは久しぶりだ。
知らない音楽を知る。

掛け替えのない一日でありますように。
珈琲豆の通信販売はこちらからご注文願います。

疲れた時は田島珈琲店なのです。
そう言われた時はとても嬉しかった。
コーヒーを作る人が十人居れば、
十のコーヒーがある。
それを疲れた時に飲みに来てくださるなんて。
それぞれにそれぞれのコーヒー。
一つのコーヒーを前に一人の人が居る。

掛け替えのない一日でありますように。
珈琲豆の通信販売はこちらからご注文をお願い致します。

コーヒーを作っていて思った。
コーヒー屋に居るということは、
心をほどく場所に居ることではなかろうかと。
コーヒーを前に座り、
話をしてもしなくても、
本を読もうが読むまいが、
考え事をしようがしまいが、
居眠りしようが何をしても自由。
一杯のコーヒーを前に。

台風がまた来るようです。
どなた様もお気をつけて。
今回は養生をしなくてもいいかな。
掛け替えのない一日でありますように。
珈琲豆の通信販売はこちらからお買い求めください。

敬老の日ということで、
じいさんばあさんに、
孫が描いた絵を送ってきてくれた。
娘が敬老の日のプレゼントだと書いてあったので、
てっきり義母へかと思っていた。
そうしたら副店長が、
私たちの敬老の日だよ!と。

絵で人を幸せに出来るなんて、すごい腕だ。
掛け替えのない一日でありますように。
珈琲豆の通信販売はこちらからお買い求め下さい。

台風が過ぎると涼しい風が吹いた。
夕方、窓を開けていると、
涼しいを越して小寒く感じた。
五時に鳴る夕焼け小焼けのチャイムを聴きながら、
日が暮れるのも早くなったものだと思う。
そして今朝まで寒くてよく眠れなかった。

掛け替えのない一日でありますように。
珈琲豆の通信販売はこちらからお買い求め下さいませ。